Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「QVR」を実行するQNAP製品に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨

QNAP Systems製品において「QVR」を実行している場合に影響を受ける深刻な脆弱性が明らかとなった。同社ではアップデートを強く推奨している。

「QVR」に2件の脆弱性「CVE-2021-38685」「CVE-2021-38686」が明らかとなったもの。「QVR」を実行する「QNAP VSシリーズ」のネットワークビデオレコーダーが影響を受ける。

「CVE-2021-38685」は、コマンドインジェクションの脆弱性。悪用されるとリモートより任意のコードを実行されるおそれがある。同社は重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティング。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」と評価した。

さらに認証不備の脆弱性「CVE-2021-38686」も明らかとなっている。同社による重要度は「高(High)」で、CVSS基本値は「8.8」。

同社では、ファームウェア「QVR 5.1.6ビルド20211109」にてこれら脆弱性を修正。同バージョン以降の最新版へアップデートするよう強く求めた。また今回の脆弱性を公開するにあたり、JPCERTコーディネーションセンターへ謝辞を送っている。

(Security NEXT - 2021/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース