Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開

Mozilla Foundationは、暗号化通信や署名検証などの機能を提供するオープンソースのライブラリ「Network Security Services(NSS)」に深刻な脆弱性が見つかったことを明らかにした。同ライブラリを利用する製品において影響を受けるおそれがある。

「DER」でエンコードされた「DSA」または「RSA-PSS」による署名を処理した際、データ長を正しく検証せず、ヒープオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2021-43527」が明らかとなったもの。重要度は、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

「Cryptographic Message Syntax(CMS)」「S/MIME」「PKCS#7」「PKCS#12」においてエンコードされた署名の処理に同ライブラリを用いている場合、脆弱性の影響を受ける。また「TLS}「X.509」「OCSP」「CRL」の処理にNSSを用いている場合も、構成によっては影響があるという。

Mozillaでは、「NSS 3.73」および延長サポート版である「同3.68.1」をリリースした。「Firefox」は脆弱性の影響を受けないとしている。

一方、同ライブラリは広い製品に導入されており、「Thunderbird」のほか、「LibreOffice」「Evolution」「Evince」においてメールやPDFの署名検証にNSSを用いており、脆弱性の影響を受ける可能性がある。脆弱性の判明を受けて、Linuxの一部ディストリビューションでは、同ライブラリのアップデートについて提供を開始している。

(Security NEXT - 2021/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査
監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
ECサイト向けクレカ決済サービスに不正アクセス - メタップスP
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで