Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正

「Pulse Connect Secure(PCS)」において、細工したパケットを受信すると、一部プロセスが再起動し、エンドユーザーの接続が切断される脆弱性が明らかとなった。

受信した不正な形式の「IKEv2パケット」を処理するとプロセス「Dsagentd」が再起動し、ユーザーの接続が切断される脆弱性「CVE-2021-22965」が明らかとなったもの。9月中旬ごろより同社に報告が寄せられていたという。

同社は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」における同脆弱性のベーススコアを「5.9」と評価した。一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、攻撃条件について特別な攻撃条件は必要としないとし、より高い「7.5」とレーティングしている。

同社では10月5日にリリースしたファームウェア「PCS9.1R12.1」で脆弱性に対処。同バージョンあるいは「PCS9.1R13」にアップデートするよう呼びかけている。また「IKEv2」を使用していない場合は、ファイアウォールでUDP 500番ポートへの通信をブロックする回避策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2021/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正