Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PayPal、一部アカウントで誤って出金処理 - 不正アクセスは否定

オンライン決済サービスを提供するPayPalは、システムに不具合があり、一部アカウントで銀行口座への出金処理が誤って行われたことを明らかにした。

同社によれば、11月21日の週にシステムで不具合が発生し、一部アカウントの残高に対して銀行口座への出金処理が誤って実行されたもの。システムエラーが原因と説明しており、不正アクセスや改正資金決済法への対応処理などの影響については否定している。

11月25日8時の時点で、影響を受けたアカウントの大部分において日本円の残高が回復しており、日本円以外の通貨を含む残るアカウントについても残高の回復処理を進めている。

(Security NEXT - 2021/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTドコモ、10月の大規模通信障害で報告書 - 「利用者への伝え方にも問題あった」
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
システム不具合でメールアドレスが宛先に - エポック社関連サイト
ネットスーパーの個人情報誤表示、原因特定できず - ヤオコー