Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査

Kasperskyは、2020年に同社が実施したインシデント対応を分析し、企業ネットワークの初期侵入に「総あたり攻撃」「脆弱性の悪用」が多く用いられており、あわせて6割以上にのぼるとの調査結果を取りまとめた。

2020年に同社のグローバル緊急対応チームが実施したインシデントレスポンスのデータを匿名化した上で分析したところ、初期侵入の31.6%で「総あたり攻撃」が用いられていた。13.3%だった2019年から18.3ポイント増と大きく上昇したという。

「外部公開されたアプリケーションの脆弱性の悪用」が31.5%と僅差で2番目に多かった。2019年の37.8%より割合は低下したものの、引き続き攻撃手法の中心となっている。

さらに「悪意のあるメール」が23.7%、「ドライブバイダウンロード攻撃」が7.9%で続いており、「リムーバブルメディア」「内部関係者」がいずれも2.6%だった。

(Security NEXT - 2021/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
2022年3Qの脆弱性届け出、ソフトとサイトのいずれも増加
脆弱性DB「JVN iPedia」の3Q登録数、前四半期から倍増
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加