Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Siemensの「Nucleus RTOS」に13件の脆弱性が判明

Siemensが提供し、ヘルスケア分野のデバイスなどで利用されているリアルタイムOS「Nucleus RTOS」のTCP/IPスタックや関連サービスに脆弱性が明らかとなった。深刻な脆弱性も含まれる。

型の取り違え、メモリ域外からの読み取り、整数のアンダーフロー、不適切なバッファアクセスなどあわせて13件の脆弱性が判明したもの。Medigateの支援のもとForescoutが脆弱性を報告した。同社では「NUCLEAUS:13」と命名している。

「Capital VSTAR」「Nucleus NET」「Nucleus ReadyStart v3」「同v4」「Nucleusソースコード」に脆弱性が明らかとなったもので、「Nucleus RTOS」をベースとする「APOGEE MBC」「APOGEE PXC Compact」「APOGEE PXC Modular」「TALON TC Compact」「TALON TC Modular」なども影響を受ける。

リモートよりコードを実行されたり、サービス拒否、情報漏洩などが生じるおそれがある。エクスプロイトの公開などは確認されていない。

Siemensによる共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、脆弱性13件のうち、11件が「7.0」以上とされており、「9.0」以上とされる脆弱性も1件含まれる。なかでも「FTPサーバ」に明らかとなったバッファオーバーフロー「CVE-2021-31886」が「9.8」と高く、「CVE-2021-31884」「CVE-2021-31887」「CVE-2021-31888」が「8.8」で続く。

(Security NEXT - 2021/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正
Google、「Chrome 96」をリリース - 25件のセキュリティ修正を実施
「EC-CUBE 2」系に複数の脆弱性 - アップデートが公開