Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁をかたるフィッシングメール - 「情報を保護する」とだます手口

警察庁は、同庁情報通信局をかたるフィッシングメールに関する情報が寄せられているとして、注意喚起を行った。

同庁によれば、問題のメールでは携帯電話やクレジットカードの情報を保護するなどだまし、個人情報を詐取するウェブサイトへ誘導するという。

同庁では、こうしたメールを受信した場合もリンクをクリックしたり個人情報を入力したりせず、警察庁のウェブサイト「フィッシング110番」から各都道府県のフィッシング専用窓口へ通報するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JR西日本」装うフィッシングの報告が増加 - JR東日本「えきねっと」告知文を悪用
「PayPay銀行」を装うフィッシング - 「個人情報の有効期限切れ」などとだます手口
「Amazonプライムデー」に便乗、フィッシング攻撃増加 - 関連ドメイン取得の動きも
「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
「さくらのクラウド」利用者狙ったフィッシングに注意 - 電話認証なども詐取
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
フィッシング攻撃、地域密着の信販会社を立て続けに標的に
東京電力の「くらしTEPCO web」装うフィッシング攻撃が発生中