Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 94」が登場、脆弱性13件を修正

Mozilla Foundationは、ブラウザの最新版「Firefox 94」をリリースし、13件の脆弱性を解消した。あわせて延長サポート版「Firefox ESR 91.3」を提供している。

今回のアップデートでは、季節にあわせたカラーテーマやmacOSのフルスクリーン表示における省電力機能の実装、Windowsにおけるバックグラウンドのアップデートなど機能の強化を実施した。

また13件の脆弱性に対処した。8件にはCVE番号が採番されているが、5件については採番が保留されており、一時的に独自の識別子を付与している。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

次に高い「高(High)」とされる脆弱性は7件。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性やメモリ破壊の脆弱性、HTTP2の暗号化通信による同一生成元ポリシーのバイパス、「XSLTスタイルシート」にサンドボックスが適用されない問題などに対処した。

さらに「中(Moderate)」とされる脆弱性4件や「低(Low)」とされる2件を修正している。

あわせて延長サポート版である「Firefox ESR 91.3」をリリースした。「Firefox 94」で修正された9件の脆弱性のほか、HTTP2における「Use After Free」の脆弱性「MOZ-2021-0008」をくわえた10件の脆弱性を解消している。

「Firefox 94」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-38503
CVE-2021-38504
CVE-2021-38505
CVE-2021-38506
CVE-2021-38507
CVE-2021-38508
CVE-2021-38509
CVE-2021-38510
MOZ-2021-0003
MOZ-2021-0004
MOZ-2021-0005
MOZ-2021-0006
MOZ-2021-0007

(Security NEXT - 2021/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
「Samba」に複数の脆弱性 - ドメインを乗っ取られるおそれも
複数のAtlassian製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース