Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobeの画像や動画編集ソフトなど14製品に深刻な脆弱性

Adobe Systemsは、画像や動画の編集ソフトをはじめ、複数の同社製品に対してセキュリティアップデートをリリースした。いずれも深刻な脆弱性に対処している。

今回のアップデートでは、以下14製品において脆弱性の修正を実施したもの。いずれも同社の評価において3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性が含まれる。

Adobe Photoshop
Adobe Lightroom Classic
Adobe Illustrator
Adobe InDesign
Adobe Premiere Pro
Adobe Premiere Elements
Adobe Prelude
Adobe After Effects
Adobe Animate
Adobe Character Animator
Adobe Audition
Adobe Bridge
Adobe Media Encoder
Adobe XMP Toolkit SDK

共通脆弱性評価システムである「CVSSv3.0」のベーススコアを見ると、一部未評価の製品があるが、「9.0」以上と評価された脆弱性は含まれていない。

ベーススコアが高い製品を見ると、「Adobe Bridge」「Adobe Media Encoder」「Adobe Premiere Elements」「Adobe Prelude」において判明した「NULLポインタ参照」の脆弱性「CVE-2021-40750」「CVE-2021-40778」「CVE-2021-40785」「CVE-2021-40773」がいずれも「8.3」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2021/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
「Samba」に複数の脆弱性 - ドメインを乗っ取られるおそれも
複数のAtlassian製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「一太郎Pro」「ATOK」など法人向けジャストシステム製品の同梱プログラムに脆弱性
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
「Apache Hive」にユーザー定義関数を上書きされる脆弱性
「Firefox 97」がリリース - 脆弱性12件を修正