Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、「Chrome 95」をリリース - 19件のセキュリティ修正

Googleは、同社ブラウザの最新版「Chrome 95.0.4638.54」をリリースした。セキュリティに関する19件の修正を実施している。

今回のアップデートより「User-Agent」より提供する情報の削減を行うトライアルを実施。「Chrome 95」から「同100」にかけてフィードバックを受け付け、「同101」において適用する方針。

またセキュリティに関する修正は19件あり、CVEベースで16件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

次に高い「高(High)」とされる脆弱性は5件。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性3件や、バッファオーバーフローの脆弱性2件に対処した。次に重要度が高い「中(Medium)」が9件、もっとも低い「低(Low)」が2件となっている。

同社は、今後数日から数週間をかけて同アップデートを展開する予定。今回対応した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-37981
CVE-2021-37982
CVE-2021-37983
CVE-2021-37984
CVE-2021-37985
CVE-2021-37986
CVE-2021-37987
CVE-2021-37988
CVE-2021-37989
CVE-2021-37990
CVE-2021-37991
CVE-2021-37992
CVE-2021-37993
CVE-2021-37994
CVE-2021-37995
CVE-2021-37996

(Security NEXT - 2021/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正