Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性

Sophosが提供するマルウェア駆除ソフト「HitmanPro」に権限昇格の脆弱性が明らかとなった。アップデートがリリースされている。

同ソフトは、既存製品をアンインストールせず、USBメモリなど外部メディアなどから起動できるマルウェア駆除ツール。30日間無償で利用でき、セカンドオピニオンなどに利用できる。

同製品において権限昇格の脆弱性「CVE-2021-25270」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されるとローカルユーザーの環境から管理者権限を取得されるおそれがある。同社は重要度を「高(High)」とレーティングしている。

一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「6.7」の「中(Medium)」。

同社は「同Build 901」にて修正した。バグバウンティプログラムを通じて研究者より報告が寄せられ判明したもので、悪用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2021/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正