Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報

アスクルの個人向け通信販売サイト「LOHACO」において、一部注文情報の処理に不具合があり、商品発送メールや送付状、納品書に、関係ない別の顧客情報が印字され、個人情報が流出したことがわかった。

同サイトを運営するアスクルによれば、9月30日13時前から10月2日14時過ぎにかけてシステムの不具合により、一部注文情報が別の顧客の注文情報として処理されたという。

対象となるのは、「LOHACO PayPayモール店」で注文された328件と、「LOHACO by ASKUL」で注文された1件。商品発送メールに異なる氏名、住所、電話番号、注文内容を記載したほか、発送した荷物の送付状における依頼主の氏名、住所、荷物に同梱した納品書の氏名についても異なる顧客の情報を印字していた。

10月2日11時半ごろ、「LOHACO PayPayモール店」の利用者から自分の注文ではない内容の商品発送メールが届いたと問い合わせがあり、調べたところ、送付状や納品書でも問題が生じていることが判明した。

同社では個人情報が流出した顧客に対して経緯を説明し、謝罪するメールを送信。関係ない顧客情報が記載されたメールや帳票を受け取った顧客にはそれらを破棄するよう求めた。翌8日には、認定個人情報保護団体である日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)に対して報告を行っている。

(Security NEXT - 2021/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)
高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県