Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団

山口県において同県のデジタル技術の普及や利用促進などに取り組む山口県デジタル技術振興財団は、同団体のメールサーバが不正アクセスを受け、迷惑メールの送信に悪用されたことを明らかにした。

同団体によれば、海外からメールサーバが不正アクセスを受け、メールアカウント1件から約450件の迷惑メールが送信されたもの。メールアドレスの誤りなどを除くと約270件が送信されたものと見られる。

同団体は、不正アクセスを受けたメールサーバに保存されていたメールの送受信データについては、外部よりアクセスされた痕跡はなかったと説明。同団体の保有する情報流出については否定している。

(Security NEXT - 2021/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合
教員アカウントがスパムの踏み台に - 横浜市内の私学
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局
複数メルアカに不正アクアセス、サーバ内に個人情報 - 名大付属病院
防災システムへの不正アクセス、スパム約31万件が送信される - 新潟県
壁紙専門店で「Emotet」感染 - 社名やサイト装うメールが送信される
「Emotet」感染でなりすましメールが送信される、情報流出も - テスコム