Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団

山口県において同県のデジタル技術の普及や利用促進などに取り組む山口県デジタル技術振興財団は、同団体のメールサーバが不正アクセスを受け、迷惑メールの送信に悪用されたことを明らかにした。

同団体によれば、海外からメールサーバが不正アクセスを受け、メールアカウント1件から約450件の迷惑メールが送信されたもの。メールアドレスの誤りなどを除くと約270件が送信されたものと見られる。

同団体は、不正アクセスを受けたメールサーバに保存されていたメールの送受信データについては、外部よりアクセスされた痕跡はなかったと説明。同団体の保有する情報流出については否定している。

(Security NEXT - 2021/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバに第三者のアクセス形跡、原因など詳細調査 - リニカル
JVCケンウッドの欧州グループ会社にサイバー攻撃 - メール障害から判明
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 遺伝子解析ベンチャー
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T