Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構

日本年金機構は、受給者約97万人に対して、誤って別人の内容が印刷された年金振込通知書を送付したことを明らかにした。

同機構では、愛知県、三重県、福岡県あわせて53市町村の受給者約97万人に対して年金振込通知書を圧着ハガキで送付したが、宛名とは異なる受給者の基礎年金番号、振込金融機関、振込金額、控除額がハガキ内部の通知面に印刷されていたという。

同機構では、「基礎年金番号」「振込金融機関」「振込金額」「控除額」のみで個人を特定することはできないと説明。外部委託先における印刷工程の誤りを原因としているが、詳細については調査中と説明している。

問題の発覚を受けて、同機構は10月11日に正しい内容を印刷した年金振込通知書をあらためて発送する予定。対象地域の受給者に対して、10月6日の時点で到着している通知書を開かないように呼びかけた。

また書面により謝罪を実施し、誤った情報を含む通知書については同封した封筒で返送するか、廃棄するよう求めている。なお、10月15日に支給する年金は、正しい年金額にて支払うとしている。

20211007_ne_001.jpg
誤った内容の年金振込通知書が送付された地域(表:日本年金機構)

(Security NEXT - 2021/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
メルマガ本文に別人の個人情報を誤記載 - 名鉄観光バス
イベント応募者情報を誤送信、フォーム設定が未更新で - 東京都建設局
採用合格通知1件を誤って17人に送信、別人に送るミスも - Osaka Metro
施設指定管理者、イベント案内メールをCC送信 - 三重県
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県
セミナー案内メール誤送信で関係者のメアド流出 - 積水ホームテクノ