Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VPN製品「SonicWall SMA100シリーズ」に深刻な脆弱性 - 早急に更新を

SonicWallのリモートアクセス製品「SonicWall SMA100シリーズ」にあらたな脆弱性が判明した。同社やセキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同社によると、同シリーズではファイルパスへのアクセス制御が不十分で、リモートより任意のファイルを削除できるパストラバーサルの脆弱性「CVE-2021-20034」が存在するという。「SMA 500v」「同410」「同400」「同210」「同200」が影響を受ける。

同脆弱性を悪用して機器の設定を工場出荷時の状態に戻すことが可能で、管理者のアクセス権限を取得されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「9.1」。

同社は、9月23日の時点で悪用の報告は受けていないとしているが、同脆弱性をはじめとする複数の脆弱性に対処した「同10.2.1.1-19sv」「同10.2.0.8-37sv」「同9.0.0.11-31sv」以降へできるだけ早く更新するよう強く求めた。

また脆弱性の判明を受けてJPCERTコーディネーションセンターなども注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2021/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開