Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県

福井県農業協同組合(JA福井県)は、共済金の支払調書を記録したメディアを誤って廃棄するミスがあったことを明らかにした。

同組合によれば、生命保険や損害保険など同組合の共済契約にかかる共済金の支払調書について、JAの保管用として記録していた光ディスク28枚を、建物の改修にともなう物品整理の際に誤廃棄したもの。

JA福井県に合併する以前の旧JAはるえで2014年から2019年にかけて手続きが行われた共済金支払調書のデータで、1792人分の個人情報が記録されていた。氏名や住所、組合員コードのほか、マイナンバーも含まれる。

JA福井県ではメディアを廃棄しており、データが外部に流出する可能性はないと説明。今回の問題を受けて、福井県に事態を報告した。廃棄にともなう業務への影響も出ていないとしている。

(Security NEXT - 2021/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構
議会への回答資料に個人情報、市サイトにも掲載 - 奈良市
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム