Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県

福井県農業協同組合(JA福井県)は、共済金の支払調書を記録したメディアを誤って廃棄するミスがあったことを明らかにした。

同組合によれば、生命保険や損害保険など同組合の共済契約にかかる共済金の支払調書について、JAの保管用として記録していた光ディスク28枚を、建物の改修にともなう物品整理の際に誤廃棄したもの。

JA福井県に合併する以前の旧JAはるえで2014年から2019年にかけて手続きが行われた共済金支払調書のデータで、1792人分の個人情報が記録されていた。氏名や住所、組合員コードのほか、マイナンバーも含まれる。

JA福井県ではメディアを廃棄しており、データが外部に流出する可能性はないと説明。今回の問題を受けて、福井県に事態を報告した。廃棄にともなう業務への影響も出ていないとしている。

(Security NEXT - 2021/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市
顧客情報記載の伝票が所在不明 - イズミヤショッピングセンター
従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県
顧客情報含むクレカ審査資料を紛失 - 中国電力
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
個人情報含む一部建物事前調査報告書が所在不明 - 新潟県