Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校

埼玉県は、県立特別支援学校でコミュニケーションアプリ「LINE」を利用していたところ、制限なく参加できるトークルームだったため、無関係の第三者が参加し、情報が外部に流出したことを明らかにした。

同県によると、9月10日7時過ぎ、同校学部内で情報交換に利用していた「LINE」のトークルームに無関係の第三者が参加したことが判明したという。

参加者からは、過去180日分のトーク履歴が参照できる状態で、在籍する生徒の氏名37人分のほか、出欠、健康観察に関する情報などが書き込まれていた。

問題のトークルームには、キーワードなどで検索でき、友だちでなくともだれでも参加できる「オープンチャット」を使用しており、制限なく匿名でだれでも参加できる状態だったという。

同校では、同日10時ごろに第三者を退出させるとともに、同トークルームを削除。同月13日に生徒や保護者に対して経緯を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
LINEギフトで「ほしいものリスト」を友だち以外に誤配信
啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
LINEスタンプ利用を販売者に把握されるおそれ - レポート機能を一時停止
ファッションブランド「MACHATT」の通販サイトに不正アクセス
LINEギフトの誕生日公開、ヘルプ記載と異なる仕様
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性