Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発

博物館向けのシステム開発などを手掛ける早稲田システム開発は、メールアカウント2件が不正アクセスを受け、迷惑メールの送信に悪用されたことを明らかにした。

同社によれば、8月31日早朝にメールアカウント1件が不正アクセスを受け、スパムメール送信の踏み台として悪用されたもの。調査を行ったところ、同月24日に別のメールアカウント1件でも同様の形跡が見つかったという。

迷惑メールの送信先について調査を行ったところ、いずれも同社が管理するメールアドレスではなく、攻撃者が用意したメールアドレスに送信されていた。同社では情報の持ち出し、流出の痕跡がないとし、顧客情報の流出はないと結論づけているという。

不正アクセスを受けたメールアカウント2件に関しては、1件を停止し、別の1件はパスワードを変更した。同社になりすました迷惑メールを受け取った場合は、本文中のURLを開かずにメールごと削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団
サーバがスパム送信の踏み台に、個人情報流出は否定 - 静岡大
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大