Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発

博物館向けのシステム開発などを手掛ける早稲田システム開発は、メールアカウント2件が不正アクセスを受け、迷惑メールの送信に悪用されたことを明らかにした。

同社によれば、8月31日早朝にメールアカウント1件が不正アクセスを受け、スパムメール送信の踏み台として悪用されたもの。調査を行ったところ、同月24日に別のメールアカウント1件でも同様の形跡が見つかったという。

迷惑メールの送信先について調査を行ったところ、いずれも同社が管理するメールアドレスではなく、攻撃者が用意したメールアドレスに送信されていた。同社では情報の持ち出し、流出の痕跡がないとし、顧客情報の流出はないと結論づけているという。

不正アクセスを受けたメールアカウント2件に関しては、1件を停止し、別の1件はパスワードを変更した。同社になりすました迷惑メールを受け取った場合は、本文中のURLを開かずにメールごと削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
電子書籍ストアに不正ログイン - 外部でPWなど入手か
看護関係者向け会員サイトにPWリスト攻撃 - P不正交換も
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増