Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所

千葉県船橋市の保健所において、個人情報が記載された新型コロナウイルス感染症発生届が窓から屋外に飛散し、一部所在がわからなくなっている。

同市によれば、9月6日9時ごろ、保健所2階の新型コロナウイルス感染症対策本部において、換気のため窓を開けていたところ、新型コロナウイルス感染症発生届24枚が強風に煽られ屋外に飛散したという。

発生届には、新型コロナウイルス感染症患者の氏名、住所、電話番号、性別、年齢、生年月日、職業、症状、診断方法、初診年月日、診断年月日などが記載されている。

発生届は、医療機関より提出後、届出日ごとに取りまとめ、紐で束ねて保存箱で保管することとなっており、仕分けのため仮置きしていたところ飛散したという。

屋外を捜索したが1枚を発見できず警察に紛失届を提出した。9月10日の時点でも発見に至っていない。同市では書類の取り扱いの見直しや職員の意識徹底を図り、再発防止に取組むとしている。

(Security NEXT - 2021/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
イベント参加者向けのメールで誤送信 - 公益財団法人
配食サービスの利用者リスト、突風で紛失 - 東京都港区
口座情報など含む書類が飛散、一部回収できず - 串本町