Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道

北海道は、療養施設において新型コロナウイルス感染症で宿泊療養を予定している人の個人情報が記載されたリストを、誤って関係ない退所者へ手渡すミスがあったことを明らかにした。

道によれば、8月26日、宿泊療養施設の管理運営を委託している事業者が、施設の入所予定者13人の個人情報が記載されたリストを、施設の退所者1人に誤って交付したもの。リストには、氏名や年齢、性別、携帯電話番号、同意書の有無、アレルギー情報が含まれていた。

退所者に交付する書類に、誤ってリストを混入させたもので、退所者から8月27日に連絡があり判明。同日、委託先事業者がリストを回収するとともに、情報の外部流出がないことを退所者に確認したという。

(Security NEXT - 2021/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の指導要録や転学届の紛失が判明 - 名古屋市
積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
クラウド誤設定、キャンペーン応募者情報が参照可能に - 阪神タイガース
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院