Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道

北海道は、療養施設において新型コロナウイルス感染症で宿泊療養を予定している人の個人情報が記載されたリストを、誤って関係ない退所者へ手渡すミスがあったことを明らかにした。

道によれば、8月26日、宿泊療養施設の管理運営を委託している事業者が、施設の入所予定者13人の個人情報が記載されたリストを、施設の退所者1人に誤って交付したもの。リストには、氏名や年齢、性別、携帯電話番号、同意書の有無、アレルギー情報が含まれていた。

退所者に交付する書類に、誤ってリストを混入させたもので、退所者から8月27日に連絡があり判明。同日、委託先事業者がリストを回収するとともに、情報の外部流出がないことを退所者に確認したという。

(Security NEXT - 2021/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス