Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道

北海道は、療養施設において新型コロナウイルス感染症で宿泊療養を予定している人の個人情報が記載されたリストを、誤って関係ない退所者へ手渡すミスがあったことを明らかにした。

道によれば、8月26日、宿泊療養施設の管理運営を委託している事業者が、施設の入所予定者13人の個人情報が記載されたリストを、施設の退所者1人に誤って交付したもの。リストには、氏名や年齢、性別、携帯電話番号、同意書の有無、アレルギー情報が含まれていた。

退所者に交付する書類に、誤ってリストを混入させたもので、退所者から8月27日に連絡があり判明。同日、委託先事業者がリストを回収するとともに、情報の外部流出がないことを退所者に確認したという。

(Security NEXT - 2021/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県