Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

看護師が業務書類を無断持出、荷物緩衝材に利用 - 東邦大関連病院

東邦大学医療センター大森病院は、看護師が自宅から発送した個人的な荷物の緩衝材に、患者の個人情報が記載された書類を利用していたことを明らかにした。

同院によれば、看護師が同院の入院患者14人分の氏名や病名、病棟ケア内容などが記載された業務用の書類を無断で自宅に持ち帰り、個人売買の商品を発送する際の緩衝材として利用していたもの。

8月13日に商品の購入者から連絡があり、問題が判明。同院では問題の文書を回収した。持ち出した書類は今回判明した1件のみとしており、商品購入者以外への流出は確認されていない。

書類の持ち出しは禁止されていたが、勉強のために持ち出していた書類だったという。問題の判明を受けて同院では対象となる患者に書面を通じて経緯の説明や謝罪を実施。個人情報保護委員会に報告を行った。

(Security NEXT - 2021/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開