Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被保険者情報を無関係の自治体へ誤送信 - 北海道国民健康保険団体連合会

北海道国民健康保険団体連合会は、登別市の後期高齢者医療被保険者に関する個人情報を、関係ない自治体に誤送信したことを公表した。

同会によれば、7月19日に登別市の後期高齢医療被保険者8903人分の氏名および健診結果などの医療、健診、介護情報など238項目を、佐呂間町と豊頃町へ専用回線の通信システムで誤って送信したもの。

分析のためシステムから抽出した登別市のデータの保存先を誤り、登別市のデータにも関わらず、佐呂間町および豊頃町の健康づくり支援の関連データとして送信してしまったという。

7月20日に佐呂間町から誤送信の連絡を受け、同日謝罪し、誤送信したデータの削除を依頼した。豊頃町にも謝罪してデータの削除を要請している。登別市に対しては翌21日に説明、27日にあらためて訪問、謝罪した。

再発防止策として、構築を進めている新システムにデータ抽出しなくてもシステム内部で分析できる機能を2022年度中に実装するとしており、構築までは、複数人による確認や、抽出したデータを市町村単位で暗号化するなど対策を強化する。

(Security NEXT - 2021/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
東京武道館の予約案内メールを「CC」送信 - 東京都スポーツ文化事業団
一部商品購入者のメールアドレスが流出 - チーズケーキ専門店