Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMSの「Plone」にオープンリダイレクトの脆弱性

オープンソースのコンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Plone」にオープンリダイレクトの脆弱性が明らかとなった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、細工したURLへアクセスさせることで、任意のウェブサイトへ誘導することが可能となるオープンリダイレクトの脆弱性「CVE-2021-32806」が明らかとなったもの。

フィッシング攻撃をはじめ、悪意あるサイトへ誘導する際に踏み台として同ソフトを導入しているウェブサイトが悪用されるおそれがある。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの東内裕二氏が情報処理推進機構へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

開発グループは、パッチ「Products.isurlinportal1.2.0」をリリースしたほか、脆弱性に対処した「同5.2.5」の準備を進めている。

(Security NEXT - 2021/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ