Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同意なくトヨタの認証サービスに顧客情報を登録 - 埼玉トヨタ

埼玉トヨタ自動車は、顧客の同意を得ずに、顧客情報をトヨタ自動車に提供していたことを明らかにした。

同社によれば、加須店において顧客129人より同意を得ることなく、トヨタ自動車の顧客認証サービス「TOYOTA・LEXUS共通ID」の発行に利用していたもの。

対象となる情報は、氏名、住所、電話番号、コネクティッドサービス契約車両の所有情報のほか、一部では生年月日、性別なども含まれる。

問題の判明を受け、同社では対象となる顧客に経緯を説明して謝罪するとともに、同意を得ずに発行された共通IDや、提供した個人情報の削除作業を進めている。

(Security NEXT - 2021/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で
宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道
顧客個人情報を同意を得ずトヨタへ提供 - トヨタ車ディーラー
保育園でPCR検査同意書を誤ファックス - 生駒市
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
高校で生徒と保護者の個人情報含む書類を誤配布 - 大阪市
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部