Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix ShareFile」で暗号化状態の確認を - 脆弱性緩和ツールで無効化される問題が判明

Citrix Systemsのファイル共有ソリューション「Citrix ShareFile」において、ファイル暗号化オプションが、意図せず無効となる問題が明らかとなった。

同製品のストレージゾーンコントローラーにおいて、認証を回避される脆弱性3件が判明し、同社では2020年5月にセキュリティアドバイザリ「CTX269106」を公表。パッチ適用後にストレージゾーンに対して脆弱性の影響を緩和するツールの適用を強く推奨していたが、同ツールを実行すると、暗号化の設定が無効となる脆弱性「CVE-2021-22932」が明らかとなったという。

同ツールを実行していない場合や、実行後に再度暗号化を有効にした場合は影響を受けない。

同社は同製品の利用者に対し、ストレージゾーンコントローラーより、暗号化の実施状況を確認して脆弱性の影響を受けていないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性