Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のCisco製小規模環境向けVPNルータにRCE脆弱性

Cisco Systemsが提供する一部小規模環境向けVPNルータに深刻な脆弱性が明らかとなった。ファームウェアのアップデートが提供されている。

「Cisco Small Business RV345」「同RV345P」「同RV340」「同RV340W」のウェブインタフェースにおいて、HTTPリクエストの処理に問題があり、リモートより任意のコードやコマンドを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-1609」が明らかとなったもの。

悪用にあたって権限なども必要なく、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、最高値「10」のところ、「9.8」、重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

また同じくウェブインタフェースにコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2021-1610」が明らかとなった。認証されたユーザーによって、root権限で任意のコマンドを実行されるおそれがあるという。CVSS基本値は「7.2」で重要度は「高(High)」。

同社では、これら脆弱性を解消したファームウェアのアップデート「バージョン1.0.03.22」をリリースし、利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper