Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表

MITREは、危険なソフトウェアの脆弱性タイプのトップ25を発表した。もっとも危険とされたのは、前回から順位をひとつ上げた「境界外書き込み」で「クロスサイトスクリプティング(XSS)」が続いた。

「CWE Top 25」は、脆弱性の種類を体系化した「共通脆弱性タイプ一覧(CWE:Common Weakness Enumeration)」をベースに、2019年から2021年までの過去2年において危険度が高い脆弱性タイプをランキングとして取りまとめたもの。

米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」をもとに、共通脆弱性評価システムである「CVSS」の平均スコアと収録頻度より評価、順位付けを行った。

ランキングにある脆弱性タイプは、特に攻撃者によって見つけやすく、悪用されることが多いとして、リスクの評価にあたり開発者やテスター、ユーザー、プロジェクトマネージャー、セキュリティ研究者などにデータを活用するよう呼びかけている。

もっとも危険とされた脆弱性タイプは、前回から1ランク上昇した「境界外書き込み(CWE-787)」。前回トップだった「クロスサイトスクリプティング(CWE-79)」は順位をひとつ下げて2位となった。さらに「境界外読み取り(CWE-125)」が続いている。

(Security NEXT - 2021/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper