Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、「Pulse Connect Secure」狙うマルウェアの解析情報

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、「Pulse Connect Secure(PCS)」の機器を侵害する攻撃で利用されたマルウェアについて解析し、レポートをリリースした。

米国では政府機関をはじめ、重要インフラ事業者、民間組織などにおいてIvanti製のVPN製品「Pulse Connect Secure(PCS)」の脆弱性を突くサイバー攻撃が確認されており、従来よりCISAが注意喚起を行ってきたが、攻撃に利用されたマルウェアについて分析し、結果を公開したもの。

「マルウェア分析レポート(MAR)」は13件に及び、「Perl」により記載された「ウェブシェル」をはじめ、アプライアンスにパッチとしてコードが埋め込まれたり、モジュールとしてドロップされるトロイの木馬、コマンド&コントロールサーバとして機能したり、認証情報を窃取するバックドアなどの挙動を紹介。

ファイルのハッシュ値など「IoC(Indicators of Compromise)」情報とあわせて提供しており、STIX形式のデータも用意。同製品の利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市
IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
6月に「Interop Tokyo 2024」開催 - テーマは「AI社会とインターネット」
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加