Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み

CERT/CCでは回避策として、公開済みのエクスプロイトでは、悪意のある共有プリンタへの接続に「SMBプロトコル」が利用されているとし、インターネットとの境界において外部の共有プリンタに対する「SMBトラフィック」を遮断する方法を挙げた。

ただし、同回避策を講じた場合も、HTTPを用いた「Webポイントアンドプリントプロトコル」など、SMB以外のプロトコルで接続される可能性があることや、ローカルネットワークにおける攻撃が引き続き可能であるとして注意を呼びかけている。

あわせて管理者以外のユーザーが「ポイントアンドプリント」を介してプリンタをインストールする際、対象となるサーバを制限する方法を紹介した。

マイクロソフトでは、「Windows印刷スプーラーサービス」の脆弱性「CVE-2021-34527」を修正した際、「ポイントアンドプリント」に関しても特定の構成下で悪用されやすいとし、オプションとして、グループポリシーよりレジストリ値を変更し、「ポイントアンドプリント」において管理者のみプリンタドライバをインストールできるよう制限する方法をアナウンスしている。

「PrintNightmare」の対策として米政府も実施を呼びかけるなど、有効な対策として知られるが、「ポイントアンドプリント」の動作には直接関係しておらず、あくまで「CVE-2021-34527」へ特化した対策となっており、注意が必要だ。今回公開された「PoC」においても、同設定が行われた環境よりインターネット上の共有プリンタに接続し、外部よりファイルがダウンロードできることが示されている。

(Security NEXT - 2021/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消