Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数脆弱性を修正した「Chrome 91.0.4472.164」が公開 - すでに悪用コードも

Googleは、「Windows」「macOS」「Linux」向けに最新版となる「Chrome 91.0.4472.164」をリリースした。一部脆弱性に関しては、エクスプロイトの報告があるという。

今回のアップデートでは、8件のセキュリティに関する修正を実施。CVEベースで7件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

次に高い「高(High)」とされる脆弱性は6件。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性3件や「型の取り違え」2件、域外メモリへの書き込み1件などを修正した。あわせて重要度が「中(Medium)」とされる「ヒープバッファオーバーフロー」の脆弱性1件に対応している。

今回修正された脆弱性のうち、JavaScriptエンジンの「V8」において明らかとなった「型の取り違え」が生じる脆弱性「CVE-2021-30563」に関しては、すでにエクスプロイトの報告を確認しているという。「V8」に関しては、6月のアップデート時にもゼロデイエクスプロイトが報告されていた

同社では、今後数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-30541
CVE-2021-30559
CVE-2021-30560
CVE-2021-30561
CVE-2021-30562
CVE-2021-30563
CVE-2021-30564

(Security NEXT - 2021/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
「アカウント停止」で不安煽る「偽ファミリーマート」に注意