Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数脆弱性を修正した「Chrome 91.0.4472.164」が公開 - すでに悪用コードも

Googleは、「Windows」「macOS」「Linux」向けに最新版となる「Chrome 91.0.4472.164」をリリースした。一部脆弱性に関しては、エクスプロイトの報告があるという。

今回のアップデートでは、8件のセキュリティに関する修正を実施。CVEベースで7件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

次に高い「高(High)」とされる脆弱性は6件。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性3件や「型の取り違え」2件、域外メモリへの書き込み1件などを修正した。あわせて重要度が「中(Medium)」とされる「ヒープバッファオーバーフロー」の脆弱性1件に対応している。

今回修正された脆弱性のうち、JavaScriptエンジンの「V8」において明らかとなった「型の取り違え」が生じる脆弱性「CVE-2021-30563」に関しては、すでにエクスプロイトの報告を確認しているという。「V8」に関しては、6月のアップデート時にもゼロデイエクスプロイトが報告されていた

同社では、今後数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-30541
CVE-2021-30559
CVE-2021-30560
CVE-2021-30561
CVE-2021-30562
CVE-2021-30563
CVE-2021-30564

(Security NEXT - 2021/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
Windowsドメインを乗っ取る「PetitPotam攻撃」 - PoCが公開済み
米政府、「Pulse Connect Secure」狙うマルウェアの解析情報
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査