Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SAP、月例パッチをリリース - あらたに脆弱性13件を修正

SAPは、7月の月例セキュリティパッチをリリースした。従来より注意喚起を行ってきた重要度の高い脆弱性とあわせて注意を呼びかけている。

各社が、定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせて、15件のセキュリティアドバイザリをリリースし、利用者へ対応を呼びかけたもの。

今回あらたにリリースしたアドバイザリは12件。重要度が4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングされたアドバイザリ2件をはじめ、「中(Medium)」9件、「低(Low)」1件を公開し、CVEベースであわせて13件の脆弱性を修正した。

「高(High)」とされる脆弱性を具体的に見ると、「SAP NetWeaver Guided Procedures」に明らかとなった「CVE-2021-33671」は、認証のバイパスが可能となる脆弱性。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」におけるベーススコアは「7.6」と評価されている。また「SAP NetWeaver AS for Java」においてサービス拒否が生じる「CVE-2021-33670」は、CVSS基本値を「7.5」とした。

(Security NEXT - 2021/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper