Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SAP、月例パッチをリリース - あらたに脆弱性13件を修正

SAPは、7月の月例セキュリティパッチをリリースした。従来より注意喚起を行ってきた重要度の高い脆弱性とあわせて注意を呼びかけている。

各社が、定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせて、15件のセキュリティアドバイザリをリリースし、利用者へ対応を呼びかけたもの。

今回あらたにリリースしたアドバイザリは12件。重要度が4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングされたアドバイザリ2件をはじめ、「中(Medium)」9件、「低(Low)」1件を公開し、CVEベースであわせて13件の脆弱性を修正した。

「高(High)」とされる脆弱性を具体的に見ると、「SAP NetWeaver Guided Procedures」に明らかとなった「CVE-2021-33671」は、認証のバイパスが可能となる脆弱性。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」におけるベーススコアは「7.6」と評価されている。また「SAP NetWeaver AS for Java」においてサービス拒否が生じる「CVE-2021-33670」は、CVSS基本値を「7.5」とした。

(Security NEXT - 2021/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開