Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性19件を修正

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」のセキュリティアップデートをリリースした。あわせて19件の脆弱性を修正している。

今回のアップデートは、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせてリリースしたもの。同社が3段階で示す重要度において、もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性14件や、次に高い「重要(Important)」とされる脆弱性5件に対応した。いずれも悪用は確認されていない。

具体的には、ヒープバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2021-28638」や域外メモリへの書き込み「CVE-2021-28642」をはじめ、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性、「OSコマンドインジェクション」「パストラバーサル」「型の取り違え」などに対応した。

脆弱性によって影響は異なるが、コードを実行されたり、権限の昇格、意図しないファイルの読み書き、サービス拒否などが生じるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、14件が「7.0」以上と評価されている。今回判明した19件においてもっともスコアが高かったのは、「CVE-2021-28638」「CVE-2021-28639」「CVE-2021-28641」「CVE-2021-28642」の4件で、いずれも「8.8」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2021/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中