Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性

鞄や小物など革製品を取り扱う通信販売サイト「TRANSIC」において、クレジットカード情報が流出し、不正に利用された可能性があることがわかった。

現在同サイトを運営するTRANSICや、不正アクセスの発生当時にサイトを運営していた親会社であるファーストトレードが事態を公表したもの。

ウェブサイトの脆弱性を突かれて決済アプリケーションが改ざんされたもので、2019年12月18日から2021年1月6日までに同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報が外部に流出した可能性がある。顧客1074人が対象で、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなどが被害に遭った可能性がある。

1月7日にクレジットカード会社から指摘があり、問題が判明した。3月25日に外部事業者による調査が終了し、4月28日に個人情報保護委員会へ報告。警察には5月12日に相談した。

両社では対象となる顧客に謝罪し、身に覚えのない請求が行われていないか、クレジットカードの明細を確認するよう呼びかけている。また不正アクセスを受けたシステムは利用を停止し、ウェブサイトを6月1日にリニューアルしたという。

(Security NEXT - 2021/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性
認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生