Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows向けファイル検索アプリ「Everything」に脆弱性 - Lite版の使用を

端末内のファイルやフォルダを検索できるvoidtools製のWindows向けアプリ「Everything」に「HTTPヘッダインジェクション」の脆弱性が明らかとなった。

同製品には、「HTTPサーバ」が実装されており、ウェブブラウザ上より検索結果にアクセスすることが可能だが、脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同機能に「HTTPヘッダインジェクション」の脆弱性「CVE-2021-20784」が明らかになったという。

同脆弱性を悪用されると、表示されるウェブページを改ざんされたり、ブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「6.1」。

同脆弱性は、草野一彦氏が情報処理推進機構へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。脆弱性の判明を受け、voidtoolsでは同脆弱性の影響を受けない「Everything Lite」の利用を推奨している。

(Security NEXT - 2021/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
「Joshin web」のフィッシングサイトに注意 - 「3Dセキュア」も要求
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
10月のDDoS攻撃、前月から減少 - IIJまとめ
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
不正ファイルでDBアクセス可能に - グラントマトが追加報告
メール誤送信でボランティア参加者のメアド流出 - 富山県
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響