Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows向けファイル検索アプリ「Everything」に脆弱性 - Lite版の使用を

端末内のファイルやフォルダを検索できるvoidtools製のWindows向けアプリ「Everything」に「HTTPヘッダインジェクション」の脆弱性が明らかとなった。

同製品には、「HTTPサーバ」が実装されており、ウェブブラウザ上より検索結果にアクセスすることが可能だが、脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同機能に「HTTPヘッダインジェクション」の脆弱性「CVE-2021-20784」が明らかになったという。

同脆弱性を悪用されると、表示されるウェブページを改ざんされたり、ブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「6.1」。

同脆弱性は、草野一彦氏が情報処理推進機構へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。脆弱性の判明を受け、voidtoolsでは同脆弱性の影響を受けない「Everything Lite」の利用を推奨している。

(Security NEXT - 2021/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも