Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows向けファイル検索アプリ「Everything」に脆弱性 - Lite版の使用を

端末内のファイルやフォルダを検索できるvoidtools製のWindows向けアプリ「Everything」に「HTTPヘッダインジェクション」の脆弱性が明らかとなった。

同製品には、「HTTPサーバ」が実装されており、ウェブブラウザ上より検索結果にアクセスすることが可能だが、脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同機能に「HTTPヘッダインジェクション」の脆弱性「CVE-2021-20784」が明らかになったという。

同脆弱性を悪用されると、表示されるウェブページを改ざんされたり、ブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「6.1」。

同脆弱性は、草野一彦氏が情報処理推進機構へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。脆弱性の判明を受け、voidtoolsでは同脆弱性の影響を受けない「Everything Lite」の利用を推奨している。

(Security NEXT - 2021/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市