Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる

仙台市において、医師が新型コロナウイルスワクチンの予診票を地下鉄車内に置き忘れ、一時紛失したことがわかった。商業施設のトイレで見つかり、回収されたという。

同市によれば、同市青葉区内の医療機関に勤務する医師が、7月6日に仙台市医師会へ提出するため、書類ケースに入れて持ち歩いていた新型コロナウイルスワクチンの予診票を仙台市営地下鉄南北線の車内に置き忘れ、一時所在不明となったもの。

同医師は下車後、置き忘れに気がつき、駅や乗車車両を確認したが発見できず、同士交通局や警察に遺失物届を提出した。

6月1日から30日にかけて、同医療機関で新型コロナウイルスのワクチン接種を行った76人に関する108件の予診票で、被接種者の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、予診に関する質問事項などが記載されている。

同日夕方、同市太白区内の商業施設で利用客が施設内のトイレで書類ケースを発見。同施設より翌7日に医療機関へ連絡があり、すべての予診票を回収した。

紛失の判明を受け、同医療機関では対象となる被接種者に対して経緯を説明、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で名簿紛失、家庭訪問で持ち出した際に - 堺市
卒業証書の作成委託先で小学校1クラス分の調査票を一時紛失 - 川崎市
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報含むメモも - 長野市
個人情報を地下鉄車内に置き忘れ、終着駅で回収 - 仙台市
患者情報入りUSBメモリを一時紛失 - レンタカー内部で発見
高校生徒の個人情報含む修学旅行マニュアルを紛失 - 神奈川県
救急車出動先を知人にLINE送信、職員を懲戒処分 - 明石市
個人情報含む書類を修学旅行添乗中に紛失 - 近畿日本ツーリスト
電車内で機密文書が盗難被害、その後回収 - 名古屋市美術館
車上荒らしで患者情報含むUSBメモリが盗難 - 兵庫医科大病院