Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員アカウントに不正アクセス、海外スパム送信の踏み台に - 高崎経済大

高崎経済大学は、教員のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メール送信の踏み台に悪用されたことを明らかにした。

Microsoft 365において教員1人が利用するメールアカウント2件が第三者に不正アクセスされ、6月15日1時半ごろから同日2時半ごろにかけて約6000件の迷惑メールが送信されたもの。身に覚えのないメールが大量に送信されていることに同教員が気が付き、6月15日10時ごろ同大に報告した。

同大によれば、問題のメールには、短い英文と誘導先となるURLが記載されていた。本文や誘導先のURLはすべて異なっており、確認できた範囲では、URLはいずれもリンクが切れていたという。

メールの送信先は、「.net」「.com」などのトップレベルドメインを持つメールアドレスやフリーメールが中心で、海外ドメインなども多数存在した。アカウント保有者のアドレス帳にあるメールアドレスは送信先に含まれておらず、「.jp」ドメインのメールアドレスも見つかっていない。

メールアカウントのパスワードが窃取された原因は不明。二要素認証は利用していなかった。「IMAP」経由でアクセスを受けており、メールボックス内の情報にアクセスされた可能性も否定できないが、二次被害などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2021/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
コンタクト専門店のTwitterアカウントが乗っ取り被害
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
家具やインテリアの通販ショップに不正アクセス
「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大