Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員アカウントに不正アクセス、海外スパム送信の踏み台に - 高崎経済大

高崎経済大学は、教員のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メール送信の踏み台に悪用されたことを明らかにした。

Microsoft 365において教員1人が利用するメールアカウント2件が第三者に不正アクセスされ、6月15日1時半ごろから同日2時半ごろにかけて約6000件の迷惑メールが送信されたもの。身に覚えのないメールが大量に送信されていることに同教員が気が付き、6月15日10時ごろ同大に報告した。

同大によれば、問題のメールには、短い英文と誘導先となるURLが記載されていた。本文や誘導先のURLはすべて異なっており、確認できた範囲では、URLはいずれもリンクが切れていたという。

メールの送信先は、「.net」「.com」などのトップレベルドメインを持つメールアドレスやフリーメールが中心で、海外ドメインなども多数存在した。アカウント保有者のアドレス帳にあるメールアドレスは送信先に含まれておらず、「.jp」ドメインのメールアドレスも見つかっていない。

メールアカウントのパスワードが窃取された原因は不明。二要素認証は利用していなかった。「IMAP」経由でアクセスを受けており、メールボックス内の情報にアクセスされた可能性も否定できないが、二次被害などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2021/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
英語検定試験「TOEIC」の申込サイトに大量のログイン試行
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
教員アカウントがスパムの踏み台に - 横浜市内の私学
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大