Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設

岩手県花巻市にある障害者支援施設の松風園は、個人情報が保存されていた可能性があるノートパソコン1台が所在不明となっていることを公表した。

同施設によれば、サポート切れのため、使用を中止し、施設内の施錠した倉庫で保管していた廃棄予定のノートパソコン13台のうち、1台の所在がわからなくなっているもの。

事業者による廃棄に向けた作業を2月25日に実施するため、前日24日に作業場所へ移動しようとしたところ、1台が見当たらないことに気がついた。13台のうち、端末によっては個人情報を含むリストなど保存していた可能性があるが、残る12台の端末を廃棄してしまったため、同端末で行っていた作業や保存されていたデータを特定できない状態だという。

施設内を探索し、職員に聞き取りなどしたが発見できず、5月に警察へ紛失を届けた。所在がわからなくなったのは、同端末のみで、ほかに金目のものなどがなくなるといった被害は確認されていないという。同施設では、利用者や保護者など関係者に対して経緯を説明し、謝罪を行った。

(Security NEXT - 2021/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ニッセン関連会社装うフィッシング - 「本人確認が済んでいない」と不安煽る
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響