Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生

会計ソフト「弥生会計」などの開発、販売を手がける弥生は、外部より不正アクセスを受け、ユーザーアカウントやシングルサインオンのアクセストークンが外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によると、ユーザーへ提供している認証連携サービスのサーバにおいて、「シングルサインオン」の「API(アプリケーションプログラミングインターフェース)」が不正アクセスを受けたという。

認証連携サーバ内にあるファイルを参照するコマンドを含む不正なスクリプトを埋め込んだアクセスが行われ、ひとつの対象ログファイルに出力されていたユーザーの「弥生ID」として利用するメールアドレスや、平文のパスワードを窃取された可能性がある。

対象となる連携アプリケーションは、同社が提供する「口座連携」「Misoca」や、他社サービスの「Airレジ」「スマレジ」「MakeLeaps」「Staple」「ユビレジ」「UレジFOOD」「ぐるなびPOS+」。5月10日10時ごろから6月16日19時ごろにかけてこれらと連携設定を行ったユーザー1万7137件が対象となる。

同社では毎月定期的に実施している定期検査で、ドメインコントローラに不審なアカウントが作成されていることを発見。ドメインコントローラに対するアクセス元が、問題の認証連携サーバであることがわかり、さらなる調査を進めたところ、情報が流出した可能性があることを突き止めた。

(Security NEXT - 2021/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団
サーバに第三者のアクセス形跡、原因など詳細調査 - リニカル
キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性
サーバがスパム送信の踏み台に、個人情報流出は否定 - 静岡大
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発