Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で教員選考試験受験者のメアド流出 - 沖縄県

沖縄県は、2021年度の教員候補者選考試験の受験者に対して送信したメールで、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同委員会によれば、6月8日14時過ぎに教員候補者選考試験の受験者へ、試験日程の変更を連絡するメールを送信する際、送信先のメールアドレスを宛先に入力するミスがあった。

受験者3000人を11グループにわけて送信しており、1グループあたり約300人のメールアドレスが受信者間に表示される状態となった。

問題の判明を受け、同県では対象となる受験者に対し、謝罪するとともに誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2021/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
顧客向けのメールで誤送信、メアドが流出 - フタバ図書
デジタル庁でメール誤送信、報道関係者のメアドが受信者間に流出
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
資料のメール送信時に講座参加者のメアドが流出 - 滋賀県産業支援プラザ
住所移転の案内メールを誤って「CC」送信 - BOSCH関連会社
高校で誤送信、学校説明会申込者の一部メアドを宛先に - 大阪府
顧客向けセミナー案内メールを「CC」送信 - 電通国際情報サービス