Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス

大阪メトロサービスは、同社メールアカウントが不正アクセスを受け、スパムメールを送信する踏み台に悪用されたことを明らかにした。

同社によれば、6月4日から5日にかけて、メールアカウント1件が不正アクセスを受け、約1000件のスパムメールが意図せず送信されたもの。不達として戻されたスパムメールの内容を確認したところ、本文には、同社業務とはまったく関係ない投資を勧誘する英文が記載されていた。

問題のアカウントは、退職した従業員が過去に利用していたもので、削除が漏れていたものだという。何らかの理由でパスワードが推測され、不正アクセスを受けたものと見られる。

また不正アクセスの対象となったのは、メールの送信サーバのみとしており、受信サーバに対する不正アクセスは確認されておらず、情報流出については否定した。

同社では対象のメールアカウントのパスワードを変更し、監視を続けるとともに、同社ドメインから不審なメールが届いた場合は、本文中のURLや添付ファイルなどを開かずに、メールごと削除するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に