Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス

大阪メトロサービスは、同社メールアカウントが不正アクセスを受け、スパムメールを送信する踏み台に悪用されたことを明らかにした。

同社によれば、6月4日から5日にかけて、メールアカウント1件が不正アクセスを受け、約1000件のスパムメールが意図せず送信されたもの。不達として戻されたスパムメールの内容を確認したところ、本文には、同社業務とはまったく関係ない投資を勧誘する英文が記載されていた。

問題のアカウントは、退職した従業員が過去に利用していたもので、削除が漏れていたものだという。何らかの理由でパスワードが推測され、不正アクセスを受けたものと見られる。

また不正アクセスの対象となったのは、メールの送信サーバのみとしており、受信サーバに対する不正アクセスは確認されておらず、情報流出については否定した。

同社では対象のメールアカウントのパスワードを変更し、監視を続けるとともに、同社ドメインから不審なメールが届いた場合は、本文中のURLや添付ファイルなどを開かずに、メールごと削除するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
2023年4Qにおけるtelnetの探索、12月下旬は10月初旬の3倍に
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性
イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正