Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチ10件を公開 - 3件が「緊急」、組織で注意すべきプログラムも

マイクロソフトは、6月のセキュリティ更新プログラム10件を公開した。3件は深刻度がもっとも高い「緊急」で、のこり7件は「重要」と設定されている。IEに関する「緊急」の脆弱性や、1段階低い「重要」ではあるものの、組織などで注意すべきプログラムなども含まれる。

深刻度が「緊急」とされる「MS10-033」は、メディアファイルを開いたり、ストリーム視聴時における圧縮音声データ解凍処理の脆弱性を解決する更新プログラム。コーデックに関係なく幅広いメディアファイルが影響を受ける。

一方「MS10-034」は、「ActiveX」の実行を制限する「Kill Bit」で、同社プログラムに関するものが2件、サードパーティに関するものが5件について起動を防止することが可能。

「Internet Explorer」向けの累積的な問題を解消するプログラムの「MS10-035」では、メモリ破損によりリモートでコードが実行できる問題をはじめ、14件の脆弱性へ対応した。

(Security NEXT - 2010/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か