Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック

今回の流出では、ランサムウェア「DarkSide」が用いられ、攻撃グループのリークサイト上に同社の関連情報とされるデータが掲示された。公開されていた情報が同社子会社のものか、現在も調査会社が確認を進めているという。

一方攻撃グループは、米政府の圧力を理由にウェブサイトを閉鎖。リークサイトについてもアクセスできない状態なっており、同社においても委託先からの報告を通じて状況を把握している。

当初東芝テックでは「海外子会社にメールで脅迫が届いた」としていたが、その後情報を整理し、外部事業者がリークサイトによる情報より、ランサムウェアによる攻撃と判断したもので、同グループより直接接触は受けていないと訂正した。不正アクセス公表後も、攻撃者側からのアクションは確認されていないという。

同社では従来より「要求に応じることはなく、コンタクトを取ることもしない」との姿勢を示しているが、引き続き同様の方針で対応していくとしている。

(Security NEXT - 2021/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン