Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸

ヤマト運輸は、EC事業者が発行する配送伝票の届け先の個人情報を二次元コード化する配達を開始した。置き配時の個人情報漏洩を防止する。

同サービスは、玄関ドア前や宅配ボックスなど、EC利用者のニーズに応えた配達を提供するサービス「EAZY」において、届け先の個人情報を二次元コード化して配送伝票を発行し、荷物に貼付して発送するもの。

二次元コードの使用で、配送伝票上の個人情報が判別できないため、個人情報漏洩のリスクを低減でき、利用者は安心して置き配を指定できる。

サービス開始時は、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」で購入された東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県エリアへ配達する商品を対象とし、8月2日より全国へ拡大するとしている。

(Security NEXT - 2021/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
段ボールの開梱機能を搭載した個人情報保護スタンプ - プラス
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト