Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性の連鎖、「Nagios」の集中管理環境全体が掌握されるおそれ

くわえて脆弱性の公開にあたり、概念実証(PoC)にとどまらない本格的な攻撃プラットフォーム「SoyGun」を公開した。

「SoyGun」は、コマンド&コントロールサーバやペイロードなど4種類のコンポーネントで構成されており、認証情報とアクセス権があれば、「Nagios Fusion」を完全にコントロール下におけるとしている。

これら脆弱性は、2020年10月に「Nagios」の開発者へ報告済みで脆弱性によって修正時期は異なるが、2021年1月にリリースされた「Nagios XI 5.8.0」、2月にリリースされた「Nagios Fusion 4.1.9」以降は影響を受けないとされている。

Skylight Cyberは、あらかじめ13件を目標に脆弱性の探索を開始したが、特定には1日ほどしかかからず、むしろ文書化に時間がかかったとのエピソードを紹介。国家の支援を受けている場合はもちろん、高度な攻撃者にとっては、それほど労力をかけず脆弱性を発見できると指摘した。

「SolarWinds」などベンダー自体が攻撃対象となり、サプライチェーン攻撃が標的となっているが、多くのベンダーから提供されるライブラリやツールなども同様の問題を抱えているとして警鐘を鳴らしている。

今回明らかとなった脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-28648
CVE-2020-28900
CVE-2020-28901
CVE-2020-28902
CVE-2020-28903
CVE-2020-28904
CVE-2020-28905
CVE-2020-28906
CVE-2020-28907
CVE-2020-28908
CVE-2020-28909
CVE-2020-28910
CVE-2020-28911

(Security NEXT - 2021/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ
Zohoの複数ネットワーク監視製品にRCE脆弱性
「EC-CUBE」や公式プラグインに脆弱性 - バグバウンティ契機に発見
米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す
Google、複数の脆弱性を修正した「Chrome 105.0.5195.125」など公開
日立のディスクアレイ用ソフトに深刻な脆弱性 - アップデートをリリース