Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ISC DHCP」に脆弱性、クライアントとサーバのいずれも影響

Internet Systems Consortium(ISC)は、「ISC DHCP」向けにクライアントおよびサーバのいずれも影響を受ける脆弱性に対処したアップデートをリリースした。

リースの解析処理においてバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2021-25217」が明らかとなったもの。動作環境によって脆弱性の影響は異なるが、クライアントでは不適切なリース情報を読み取った際にクラッシュする可能性があるほか、サーバではサービス拒否やリースが削除されるおそれがあるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」によるベーススコアは、クライアントの「dhclient」が「7.4」、サーバの「dhcpd」が「6.5」で、重要度は、4段階において上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている。脆弱性の悪用は確認されていない。

ISCでは、「ISC DHCP 4.4.2-P1」「同4.1-ESV-R16-P1」をリリース。アップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2021/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開