Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISCの一部システム情報が外部流出 - 富士通「ProjectWEB」への不正アクセスで

富士通が管理運営するプロジェクト情報共有ツール「ProjectWEB」が不正アクセスを受けた問題で、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、同センターのシステムに関する一部情報が流出したことを明らかにした。

同センターでは、一部システムの関係業務を富士通に委託しており、同ツールを通じて情報共有を行っていたが、同ツールに対して第三者による不正アクセスがあり、同センターの一部システムに関する情報が外部に流出したことが判明したもの。

富士通では、同ツールの運用をすでに停止しており、情報が流出した原因や情報流出の対象範囲について調査を進めている。同センターでは、流出した情報によるリスクを踏まえて被害防止対策を講じるとともに、同社へ詳細について報告するよう求めた。

本誌取材に対して同センターは、対象となる具体的なシステムや、同ツール上のプロジェクトに対し、不正アクセスが行われた日時、富士通より報告を受けた日時については、調査中の段階であり、セキュリティに影響するためコメントできないとしている。

また5月26日の時点で同センターのシステムそのものに対する不正アクセスの被害は確認されておらず、同システムの運用や業務への影響はないと説明している。

(Security NEXT - 2021/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス