Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」

同社では4月14日以降、行政機関や自治体など関係組織に対して調査結果を説明しており、すでに一部自治体では調査結果を公表している。

ランサムウェアの感染に至った具体的な原因については、「顧客には個別に説明しているが、セキュリティに関わる部分のため、差し控える」として本誌取材に対してはコメントを避けた。

今回の問題を受け、再発防止策については、不正アクセスへの対策など専門家も交えて検討を進めている。

(Security NEXT - 2021/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害が発生、紙資料と電話で対応 - みやぎ産業振興機構
ランサム暗号化を一部逃れるも流出可能性は否定できず - ダイナムJHD
医療機関向け給食施設でランサム感染 - 委託元被害の関連性は調査中
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
大阪急性期・総合医療センターにサイバー攻撃 - 電子カルテが被害
ランサム被害、侵入経路はVPN機器の脆弱性 - 日本盛
ランサム被害で情報流出、対象範囲を追加 - みんな電力
那覇市の図書館システムがランサム被害 - 貸出や予約に影響
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD