Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco Small Business WAP」に2件の脆弱性 - 一部製品はEOLで修正プログラムなし

「Cisco Small Business 100シリーズ Wireless Access Points」「同300」「同500」に2件の脆弱性が明らかとなった。一部製品はサポートが終了しており、アップデートの提供がなく、サポート中の製品へ以降するよう呼びかけられている。

管理インターフェイスにおいてアクセス制御不備により、認証なしにリモートよりアクセスされ、情報が漏洩するおそれがある「CVE-2021-1400」や、管理者権限が必要となるが、コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2021-1401」が明らかとなったもの。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは、「CVE-2021-1400」が「8.8」、「CVE-2021-1401」が「5.5」で、重要度はそれぞれ「高(High)」「中(Medium)」と評価されている。

具体的には、「WAP351 Wireless-N Dual Radio Access Point」「WAP361 Wireless-AC/N Dual Radio Wall Plate Access Point」「WAP581 Wireless-AC Dual Radio Wave 2 Access Point」「WAP150 Wireless-AC/N Dual Radio Access Point」「WAP131 Wireless-N Dual Radio Access Point」「WAP125 Wireless-AC Dual Band Desktop Access Point」が影響を受ける。

これら脆弱性は、ラックの今井志有人氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。Cisco Systemsでは、「WAP581」「WAP361」「WAP150」「WAP125」向けにアップデートを用意。一方「WAP131」「WAP351」については、2019年以前にサポートが終了しており、アップデートのリリース予定はなく、サポート中の製品へ以降するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る