Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大

佛教大学は、過去に研究費の助成を受けた研究関係者の情報を含むファイルを、誤って外部に提供したことを明らかにした。

同大によれば、4月27日に同大職員が日本学術振興会の科学研究費助成の対象となる研究者に対し、事務手続きを案内するメール92件を送信した際、添付された表計算ファイルに関係ない個人情報が含まれていたもの。

過去に使用したファイルをもとに書類を作成したため、2011年の助成対象者となった同大の研究者と研究関係者143人、および取引先94人に関する氏名や取引先、銀行名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義などが含まれていたという。

問題に気がついた職員は、メールの削除を依頼するとともに、修正したファイルをメールを再度送信。翌28日に上長へ報告した。

今回の事態を受けて同大では、関係者に対して5月7日に謝罪の書面を送付。個人情報保護委員会や文部科学省へ報告を行っている。

(Security NEXT - 2021/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
試験の解答用紙ファイル内に前年度の成績情報 - 山形大
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県