Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大

佛教大学は、過去に研究費の助成を受けた研究関係者の情報を含むファイルを、誤って外部に提供したことを明らかにした。

同大によれば、4月27日に同大職員が日本学術振興会の科学研究費助成の対象となる研究者に対し、事務手続きを案内するメール92件を送信した際、添付された表計算ファイルに関係ない個人情報が含まれていたもの。

過去に使用したファイルをもとに書類を作成したため、2011年の助成対象者となった同大の研究者と研究関係者143人、および取引先94人に関する氏名や取引先、銀行名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義などが含まれていたという。

問題に気がついた職員は、メールの削除を依頼するとともに、修正したファイルをメールを再度送信。翌28日に上長へ報告した。

今回の事態を受けて同大では、関係者に対して5月7日に謝罪の書面を送付。個人情報保護委員会や文部科学省へ報告を行っている。

(Security NEXT - 2021/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
オンライン会議の招待メール作成機能でメールアドレスが流出 - 東京都