Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス

IT資産管理製品「LanScope Cat」などを提供するエムオーテックスは、セミナー参加者に対し、過去の参加者のアンケート回答が閲覧できるリンクを誤って案内したことを明らかにした。

同社によれば、4月14日14時半ごろ、セミナー参加者にアンケートのウェブフォームのリンクを案内した際、誤って過去の参加者の回答が閲覧できるリンクを案内したという。セミナーに参加した61人のうち、14時半から14時56分にかけてアンケートへ回答を試みた45人が閲覧できた。

閲覧が可能だったのは、2020年11月17日から2021年3月17日にかけて開催したセミナーに参加した145人によるアンケートの回答166件。氏名や企業名、メールアドレス、従業員数、ツールの導入予定時期、パソコンとスマートフォンの台数などが含まれる。

一部参加者の指摘により、問題が判明。同社では誤ったウェブフォームを削除し、アンケートの回答を閲覧できないよう対策を講じた。

同社では、個人情報が閲覧可能となっていた顧客、および個人情報を閲覧できた顧客に対し、電話とメールで経緯を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
同県サイトのオープンデータに個人情報、削除漏れで - 栃木県
申込フォームで設定ミス、入力内容が閲覧可能に - シェアリングエコノミー協会
委託先がメール誤送信、講座受講予定者のメアド流出 - 神奈川県
就職フェアの案内メールで送信ミス、メアドが流出 - 三重県
講座関係者のメアドをサイト内に誤掲載 - 朝日カルチャーセンター
配信機能の導入時に作業ミス、一斉メールでメアド流出 - 南海電鉄関連会社
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館
研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン